手づくりスライムを作ろうと材料を買ってきたのに、

「間違えてホウ酸を買ってしまった!」

なんて方もいらっしゃると思います。

ガーン

そう、スライムは通常「ホウ酸」でなく「ホウ砂」が必要なんです。

「間違えたから買い直そう…」
「もったいないけど使い道ないから捨てよう…」

もしあなたがそう思っているなら、ちょっと待ってください。

なんと「あるもの」を使うと、ホウ酸をホウ砂の代わりに利用できるんです!

また、余ったホウ酸は日常生活で有効利用をすることができます。

間違って買ってしまったホウ酸を活用できるなんて嬉しいですよね。
ということで、さっそく紹介していきたいと思います。



スライムづくりでホウ砂の代わりにホウ酸を利用する方法

先ほども紹介したように、ホウ酸に「あるもの」を加えると、スライムづくりでホウ酸をホウ砂の代わりに利用できます。

その「あるもの」とは重曹です。

アイデア

重曹は掃除や洗濯に使えるものなので、お家にあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もしなくても、スーパーなどで普通に売っているので手に入りやすいでしょう。

【ホウ酸をスライムづくりに利用する方法】
(100ccの水溶液の場合)

  1. 容器に100ccの水を入れる。
  2. 同じ容器にホウ酸を約1.5g入れて水に溶かす。
  3. 同じ容器に重曹を約1.5g入れて水に溶かす。

※もっと量が必要な場合は、それぞれの量を同じ倍数で増やしましょう。
※ホウ酸の取り扱いに注意しましょう。(商品の説明書をよく読むこと。)

上記の水溶液を「洗濯のりと水を1:1で混ぜた液」に少しずつ入れて、ほどよい固さにすればスライムを作ることができます。



ホウ酸の有効活用

ホウ酸を利用してスライムを作る方法を紹介しましたが、中には重曹が家になくて「結局、重曹が必要ならホウ砂を買うよ!」という人もいるかもしれません。

そういう人はホウ酸を他の用途に利用しましょう。

例えば、化学用のホウ酸はゴキブリ退治に使える手づくりホウ酸団子を作ることができます。(洗眼用のホウ酸は効果があるのか私は分かりませんでした…)

ホウ酸ダンゴはキッチンや冷蔵庫の下など、ゴキブリがいそうな場所に置き、ゴキブリに食べさせれば退治できます。

また、このホウ酸ダンゴは家庭で簡単に作ることができます。
作り方がホウ酸を販売している健栄製菓さんのWEBサイトに載っていたので、引用して紹介します。

ホウ酸ダンゴの作り方

・ホウ酸……100g
・小麦粉……60g(ゆでた、または蒸したじゃかいも1個をすりつぶしたものでも可)
・すりおろした玉ねぎ……80g
・砂糖……小さじ2~3杯
・牛乳……適量
【作り方】
1.上記の材料を混ぜ合わせ、耳たぶぐらいの柔らかさになるまでよく練り込みます。
2.直径2cmぐらいの大きさに丸めます。
3.直射日光の下で1週間くらい乾燥させます。
4.団子表面に白い粉が生じるようになると、完成です。

※詳しくはリンク先をご覧ください。
※誤って食べたり、体内に入ったりしないように注意しましょう。
(特に小さな子どもやペットがいる家庭は注意)

どうでしょう。結構簡単に作れると思いませんか?
これがあれば、間違えて買ったホウ酸を有効活用できるし、わざわざゴキブリ退治用の商品を買わなくても済むかもしれません。

ホウ酸ダンゴって効果がるの?

こんなに簡単に作れてしまうので、「本当に効果があるの?」と疑ってしまうかもしれません。

でも実はこれ結構効果があるんですよ。
海外でも日本のゴキブリ退治法として有名になったらしいです。

しかも、ホウ酸ダンゴをゴキブリに食べさせると、周りのゴキブリも寄り付かなくなるので、ゴキブリの発生を抑制するというメリットもあります。

「ホウ酸を間違えて買ってしまった」という方は参考にしてみると良いでしょう。

まとめ

手づくりスライムを買おうとして、間違えてホウ酸を買ってしまったとしても、重曹でスライムの材料に使えたり、他の用途に使えたりします。

買ってしまったものを捨てるともったいないので、ぜひ参考にしてみてください。。