はじめに

スライムを作るためには、まずスライムの材料を揃える必要があります。スライムを作ったことがない人は、材料集めに苦労すると思う方もいらっしゃると思うますが、割と簡単に手に入る材料ばかりです。流石にコンビニには売っていないと思いますが、薬局やネットでもすぐに購入することができるでしょう。ですので、スライムを作ったことがない人も簡単に材料を集めることができますので、是非材料を揃えてスライムを作ってみましょう。



スライム作りに必要な材料

以下に、スライムを作る際に必要な材料を挙げてみます。今回は一般的に作られているスライムの材料を紹介します。

・ホウ砂
・洗濯のり(PVA)
・水
・絵の具等の着色料(必要であれば)

スライムに必要な材料はたったこれだけです。水は水道水で良く、透明でよければ絵の具は必要ないため、実質購入する必要のある材料は『ホウ砂』と『洗濯のり』の2つのみです。しかも、それほど高くないため安くスライムを作ることができます。



スライムの材料が売ってる場所

スライム作りに必要な材料が分かりましたが、気になるのがこの材料が売っている場所ですよね。スライムの材料は比較的簡単に手に入れることができます。一般的にはスライムは以下の場所で購入することができます。

【ホウ砂】

・薬局
・ドラッグストア
・ネットショップ(Amazon、楽天など)

【洗濯のり】

・スーパー
・ホームセンター
・ドラッグストア
・ネットショップ(Amazon、楽天など)

洗濯のりは一般的に洗濯用に使うものなので、洗剤などを売っているコーナーがあるお店では販売されていることが多いです。ホウ砂の場合は店舗で見つけるのに少し苦労する場合があります。薬局なら売っていることが多いですが、ドラッグストアにはないこともあります。一番確実なのがネットショップ購入することですね。Amazonや楽天などの大手会社なら確実に売っていますし、値段も安めなのでおすすめですよ。

スライムの材料詳細

以下に、スライムづくりに使用する材料の詳細を紹介していきたいと思います。普段あまり使わないモノなので、スライムの基礎知識として材料の特性をしっかりと学んでおきましょう。

【ホウ砂】

ホウ砂は『ほうしゃ』と読み感じでは『硼砂』となります。鉱物の一種で、四ホウ酸ナトリウムの十水和物です。塩湖が乾燥した跡地で取れることが多く、アメリカやロシア、トルコなどで産出されることが多いです。ホウ砂は水溶液にすると弱アルカリ性になり、洗浄作用・消毒作用があります。そのため、スライムの材料として使用する際には少し注意が必要です。人体には少しばかり毒性があるため、以下のような注意点を守りましょう。

※ホウ砂を扱う際の注意点

・絶対に口に入れない
・ホウ砂を触った手で目や口などを擦らない
・キズのある皮膚に触れない
・子供だけで取り扱わない
・子供の手に届くところに保管しない

上記の注意点を確認して取り扱って下さい。また、ホウ砂の裏に詳しい取り扱い注意事項が書かれていますので、そちらも確認しましょう。当然のことながら、スライムにもホウ砂が含まれていますので、上記のホウ砂の注意事項と同じように取り扱いましょう。

【洗濯のり(PVA)】

洗濯のりは洗濯物にハリやコシを与えるためのものです。洗濯のりには『でんぷんのり』と『合成のり』がありますが、スライムで使う洗濯のりは『合成のり』のほうです。PVAはポリビニールアルコールの略で、防シワ性に優れています。スライムでしようする洗濯のりは液体タイプで、触るとドロドロぬるぬるした感触です。しかし、スライムのような弾力はなく、ホウ砂水溶液と合わせることにより、弾力を増してスライムになります。

【絵の具】

スライムに色を着けるための着色料です。絵の具以外にも様々な塗料も使えます。夜光塗料を使用すれば、暗闇に光るスライムが作れます。

まとめ

今回はスライムで使用する材料について詳しく紹介していきました。スライムづくりに購入すべき材料は『ホウ砂』と『洗濯のり』です、これらは薬局やドラッグストア、ホームセンターなどに売っています。また、Amazonや楽天などネットショップにも売っていますので、簡単に購入することができます。スライムを作ったことがない人も材料を揃えて、是非作ったみましょう。