あやとりのほうきのやり方

あやとりのほうきをやってみよう

ほうきはあやとりの中でも有名な作品の一つです。

はじめてやる人にとっては、ちょっと複雑そうに見えますが、一つひとつ確実に手順を踏むことで割と簡単につくれてしまいます。

ここでは、イラストや動画を用いてあやとりのほうきのやり方を解説しますので、確認しながらやってみましょう。



あやとりのほうきのやり方解説

ほうきのやり方の手順

あやとりのほうきのやり方

左の親指と小指にヒモをかける。

あやとりのほうきのやり方

右手で左の手のひらのヒモを引っ張る。

あやとりのほうきのやり方

もう一度右手で左の手のひらのヒモを引っ張る。

輪の中に上から右手を入れ、左の親指と小指にかかっているヒモに右の親指と人差し指で指をかける。

あやとりのほうきのやり方

右の親指と人差し指にヒモをかけたら、そのヒモを引っ張る。

あやとりのほうきのやり方

右の親指、中指、薬指を図のように差し込んだら、右手でヒモを左手の甲側にまわす。

あやとりのほうきのやり方

図のように右手で印のヒモを引っ張る。

あやとりのほうきのやり方

あやとりのほうきの完成。

↑写真解説で見たい方はこちら

動画で解説

あやとりのほうきのやり方が解説された動画を以下に載せておきます。



失敗しやすいポイント

・STEP2とSTEP3でヒモの輪の中に右手を入れてから引っ張ってしまう。
→それぞれ輪の中に右手を入れずにヒモを引っ張る。

・STEP4でヒモの輪の中に右手を入れずにとってしまう。
→輪の中に上から右手を入れてからとる。

・STEP7で引っ張るヒモを間違える。
→他のヒモとのからまりが少ないヒモを引っ張る。

まとめ

あやとりのほうきのやり方をイラストと動画で簡単に紹介していきました。

ほうきは引っ張るヒモを間違えたり、引っ張るときに右手の入れ方を間違えると失敗してしまうので注意しましょう。

ただし、あやとりのほうきも手順が少ないので、比較的簡単にできると思いますので、ぜひ挑戦してみてください。