ダックスフントのバルーンアート

はじめに

ダックスフンドの特徴といえば長い胴体と垂れた耳ですよね。その特徴をとらえたバルーンアートを作ることができます。ダックスフンドのバルーンアートの作り方は犬のバルーンアートを応用することで簡単に作ることができます。

ですので、まず犬のバルーンアートを是非マスターしてください。何事も基本から始めるのが大切ですからね。それでは、早速ダックスフンドのバルーンアートの作り方解説を動画の作り方手順からご覧になってください。

ダックスフンドのバルーンアートの作り方

ダックスフンドは犬に比べて胴の部分が長くなります。胴の部分を長くするために手足と尻尾を短くする必要があります。また、垂れた耳を表現するために、耳を顔のバルーンにくぐらせることで、耳のバルーンを垂らすことができます。犬のバルーンアートが作れる方は割と簡単に作ることができます。初心者の方は作り方のポイントを参考にしてみてください。

【ダックスフンドの作り方の手順】



  • ツイストバルーンを先端約10センチ残して膨らませ縛る。
  • ダックスフンドのバルーンアートの作り方

  • バルーンの口元から約10センチのバブルを3個つくる。
  • ダックスフンドのバルーンアートの作り方

  • 手順②で作った2、3個目のバブルをロックツイストする。
  • ダックスフンドのバルーンアートの作り方

  • 次に、約4センチ、約5センチのバブルを2個作る。
  • ダックスフンドのバルーンアートの作り方



  • 手順④の約5センチのバブルをロックツイスト(たらこひねり)する。
  • ダックスフンドのバルーンアートの作り方

  • 次に、約15センチ、約6センチのバブルを2個作る。
  • ダックスフンドのバルーンアートの作り方

  • 手順⑧で作った2個のバブルをロックツイストする。
  • ダックスフンドのバルーンアートの作り方

  • 手順③で作った耳の輪の中に顔の部分をくぐらせる。
  • ダックスフンドのバルーンアートの作り方

  • 全体的にバランスを整えたら、ダックスフンドのバルーンアートの完成。
  • ダックスフンドのバルーンアートの作り方



ダックスフンドの作り方のポイント

※顔をくぐらせられるくらいに顔のバルーンを長めにとる。
※胴を長くするために手足のバルブを短くとる。

まとめ

ダックスフンドの作り方の紹介はいかがだったでしょうか。犬のバルーンアートを作ったことがある方はお分かりかと思いますが、少し変えるだけでダックスフンドを作ることができました。色々な動物のバルーンアートをマスターするためにも、是非犬のバルーンアートを綺麗に作れるように練習しましょう。