はじめに

バルーンアートをやっている方の中にはバルーンアーティストとかバルーンアートとして活躍したい方もいらっしゃることでしょう。
現在も様々なアーティストやパフォーマーがバルーンアートで活躍されています。
そんな方々のようにバルーンアートを仕事としてやっていきたいと思われていることでしょう。

しかし、バルーンアーティストとしての求人はなかなか普段目にしませんよね。
確かに、バルーンアーティストの需要はそれほど多くないため、探すのも大変だと思います。
そこで、今回はバルーンアーティストの求人の探し方について紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

バルーンアーティストの求人の探し方

バルーンショップのホームページから探す

まずはじめに見つけやすい求人の探し方について紹介します。
それはバルーンショップのホームページから探してみるということです。
バルーンショップにはバルーンアーティストの求人を行っているところもあります。

私も調べてみたのですがバルーンショップのサイトを見てみると求人情報が載っていることがあります。
一つひとつのサイトを見て回らないといけないので、少し大変ですが多くの求人を探せるのがこの探し方です。
募集要項には正社員からパートタイム(アルバイト)まで様々ありますので、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができそうです。

応募方法としては問い合わせフォームによりプロフィールや志望動機などの入力して送るのが一般的です。
担当者から返信が来たら面接を数回してから採用となるようですね。

求人検索サイトから探す

アルバイト等でバルーンアーティストとして働いてみたいという方は求人検索サイトから探すと良いでしょう。
求人検索サイトというのはバイトルとかタウンワークとかフロムエーとかです。
これらはネットで求人検索サイトに入ることで、そこにある検索フォームにキーワードを入力して探せます。

探してみると、たまにイベント等でバルーンアーティストの求人募集がされていることがあるので、応募してみると良いでしょう。
イベントというのも商業施設での販促活動を兼ねたものやお祭りなど様々あります。
数が少ないため、気になったバルーンアーティストの求人があったらすぐに応募しましょう。

バルーンアーティストに弟子入りする

これはちょっと手間がかかりますが、やってみる価値のある方法を紹介します。
それは、思い切ってバルーンアーティストに弟子入りするという方法です。
有名なバルーンアーティストなら人手がいる人もいますし、弟子入りしながらバルーンアートを学べるかもしれません。
連絡を取る際にはなるべくメールなど迷惑がかからない方法がよいでしょう。

Sponsored Links

バルーンアーティストの求人が見つからなかったら?

最後にバルーンアーティストの求人が見つからなかった時の話をします。
やはり、バルーンアーティストの求人は少ないため、仕事がないことがあります。
そこで、おすすめするのが自力でバルーンアーティストになるという方法です。

今ならホームページは無料で作れますし、自分が作ったバルーンアートを動画でアップすることもできます。
SNSで自分の活動をアピールすることもできます。
これらの無料で使えるメディアを使いつつ、多くの人に知られることで、バルーンアーティストになることができます。

上手く行けば仕事の依頼とかくるかもしれませんし、サイトや動画に広告を入れておけばアルバイトくらいのお金が入ってくるかもしれません。
少し大変ですが、どうしてもバルーンアーティストになりたいという方は、自分でやるんだという気持ちでやってみることも大切です。

まとめ

今回はバルーンアーティストの求人募集の探し方について紹介しました。
バルーンアーティストの求人は数が少ないため、探すのが非常に大変です。
なので、今回紹介した探し方で地道に探してみることが大切です。

探しても求人がない場合は自力でバルーンアーティストの仕事を取っていくこともできます。
これからは、個人の時代ですから自力で頑張るということも大切ですからね。

Sponsored Links
記事は以上です。お疲れ様でした。
水の音を聴いてリラックスしましょう。