はじめに

スライムはドロドロ&ヌルヌルしていて、作って面白いですよね。

でも、どうしてドロドロ&ヌルヌルするのか不思議に思ったことはありませんか。

確かに、洗濯のりはヌルヌルしていますが、ホウ砂水溶液と混ぜると固まる理由が知りたいでよね。

そこで、ここではスライムが固まる原理について紹介したいと思います。

Sponsored Links

スライムが固まる原理

スライムはホウ砂と洗濯のりに入っているPVA(ポリビニルアルコール)が化学的に反応することで固まります。

しかし、化学式を書いてもよくわからないという人が多いと思うので、イメージ図でスライムが固まる原理を解説したいと思います。

【ホウ砂水溶液を混ぜる前のPVA】

ホウ砂水溶液を混ぜる前のPVAは以下の通りです。

スライムが固まる原理

イメージでいうと、細長い線のようなものがたくさんある状態です。
ただの細い線なので自由に動くことができ、液体のようになっています。

【PVAにホウ砂水溶液を入れた後】

PVAにホウ砂水溶液を混ぜると、以下のようになります。

スライムが固まる原理

イメージで説明すると、PVAの細い線にホウ酸イオン(ホウ砂からできたもの)が端をかけるように結んで網目が作られます。

この網目があることで、細い線は前よりも自由に動くことができなくなります。

そのため、PVAにホウ砂水溶液を入れると液体の除隊から固まります。

さらに、その網目の中に水が入っているので、プヨプヨとした感触になるのです。

Sponsored Links

まとめ

今回はスライムが固まる原理について紹介しました。

ポイントは「ホウ砂の成分が洗濯のり(PVA)の線と線の架け橋となり、動きが制限される」というところです。

これにより、網目ができ網目に水が閉じ込められることで、プヨプヨとしたスライムの感触になるんですね。

ただ、これは大雑把な原理の説明なので、詳しくは理科の先生などに聞くのが良いと思います。

Sponsored Links