猫のバルーンアート

はじめに

今回は猫のバルーンアートの作り方を紹介します。猫のバルーンアートも犬の作り方がベースになります。猫は犬よりも平坦な顔になるため、基本的には犬の顔の部分が猫の仕様に変わります。また、尻尾を折り曲げることで、猫の特徴的な柔らかい尻尾を表現することができます。基本の犬のバルーンアートをしっかりとマスターしてから、猫のバルーンアートに挑戦しましょう。それでは早速、猫の作り方を紹介します。まずは動画での作り方手順をご覧になってください。

猫のバルーンアートの作り方

猫の特徴的な可愛らしい耳と顔を表現するために、犬のバルーンアートの顔の部分を変えてきます。また、尻尾を少し折り曲げてあげることで、猫らしい柔らかく動くしっぽを表現することができます。作り方のポイントをしっかりとおさえながら、猫のバルーンアートの作り方を見て行きましょう。

【猫の作り方の手順】



  • ツイストバルーンを先端10センチ残るように膨らませ縛る。
  • 猫のバルーンアートの作り方

  • バルーン口元か約5センチのバブルを2個作る。
  • 猫のバルーンアートの作り方

  • 続いて、約6センチのバブルを作る。
  • バルーンの口を手順③で作ったバブルのくぼみに巻きつけて固定する。
  • 猫のバルーンアートの作り方

  • 次に、約6センチのバブルを作る。
  • 猫のバルーンアートの作り方

  • バルーンの先端からバルーンの輪に通す。
  • 猫のバルーンアートの作り方



  • 手順③、⑤で作ったバブルが重なるようにしてバルーンの口を固定する。
  • 猫のバルーンアートの作り方

  • 次に、約10センチのバブルを2個作る。
  • 猫のバルーンアートの作り方

  • 手順⑧のバブルをロックツイスト(たらこひねり)する。
  • 猫のバルーンアートの作り方

  • 続いて、約10センチのバブルを3個作る。
  • 猫のバルーンアートの作り方

  • 手順⑨の2、3個目に作ったバブルをロックツイストする。
  • 猫のバルーンアートの作り方

  • 残った部分が尻尾となり、適度に折り曲げる。
  • 猫のバルーンアートの作り方

  • 全体的なバランスを整えたら、猫のバルーンアートの完成。
  • 猫のバルーンアートの作り方



猫の作り方のポイント

※手順④でバブルが解けないように、しっかりとバルーンの口を巻きつけて固定する。
※猫を柔らかい尻尾を表現するためにしっぽを少し折り曲げる。

まとめ

猫のバルーンアートは犬のバルーンアートの顔を少し変えるだけでできました。首をしっかりと固定することさえできれば、比較的簡単にできると思います。犬のバルーンアートが楽にできるようになったら、是非猫のバルーンアートの作り方の動画を見て挑戦しましょう。犬と猫のバルーンアートが作れるようになったら、その他の動物にも挑戦して動物のバリエーションを増やしましょう。