カエルのバルーンアート

はじめに

今回はカエルのバルーンアートの作り方を紹介します。カエルも実際に見たり触れたりするのは苦手という方も多いですが、バルーンアートで作ると可愛らしい動物として作ることができます。カエルも絵やイラストでキャラクターとして描かれることも多く、人気の動物のバルーンアート作品なのではないでしょうか。

バルーンアートではカエルの特徴をデフォルメして作ることになります。ですので、実際よりも単純な構成で初心者でも、簡単に作ることができると思います。誰が見てもカエルのバルーンアートと分かるくらいに、全体の形を調整できるように練習していきましょう。そででは早速カエルのバルーンアートの作り方を見ていきましょう。

カエルのバルーンアートの作り方

【カエル作り方の手順】



  • ペンシルバルーンを先っぽが25センチほど残るように膨らませる。
  • ペンシルバルーンを縛った口元から球状のバブルを2個作る。
  • 次に、4センチほどのバブルを2個つくる。
  • 手順③で作った2つのバブルをロックツイストする。
  • 長い余っている方のバルーンアをねじって細長い2~3センチのヒモを作る。
  • 手順③で作った2個のバブルの間でヒモとバルーンの口元を結ぶ。
  • 次に、球状のバブルを5個作る。


  • 球状のバブルの2個目と5個目を合わせてロックツイストする。
  • 次に、3センチほどのバブルを作る。
  • 手順⑧で作った球状のバブルの隙間に手順⑨のバブルを入れる。
  • バルーンの先端の余りを切ってから根元で縛る。
  • 余ったバルーンの先端をカエルの胴体に巻きつける。
  • ペンなどでカエルの顔を描く。
  • 全体の形を調整したら、カエルのバルーンアートの完成。


作り方のポイント

・手順⑥でカエルの頭がしっかりと固定されるように無すぐ。
・連続でバブルを作る際にはほどけないように注意する。
・バルーンの先端を切る時に空気が抜けないように注意する。

まとめ

今回はカエルのバルーンアートの作り方でしたがいかがでしょうか。カエルをデフォルメして作ることで簡単に作品を作ることができます。カエルの作り方は動物のバルーンアートの基本である犬のバルーンアートと作り方は異なりますが、縦に長く作ることで、様々な動物のバルーンアートが作れるようになります。皆さんも様々な形にバルーンを作り上げていくことで、色々な形の作品が作れるようになりますので、練習して挑戦していきましょう。