キリンのバルーンアート

はじめに

今回は長い首が特徴的なキリンのバルーンアートです。ベースは犬のバルーンアートになりますが、首を長くするだけでキリンぽくすることができます。ただし、首を長くしすぎると全体的なバランスが悪くなってしまうので長さの調節に注意が必要です。また、耳を短く作ることで、キリンの特徴である可愛らしい耳を表現することができます。これらの特徴をおさえた上でキリンのバルーンアートを動画の解説を見ながら作っていきましょう。

キリンのバルーンアートの作り方

それではキリンのバルーンアートの作り方を紹介します。キリンは短い耳、長い首を意識して作っていきます。基本的には犬のバルーンアートの作り方の応用なので、それほど難しくなく作ることが可能です。動画の作り方をチェックしながら、一緒に作っていきましょう。それでは以下の動画をまずご覧になってください。

【キリンの作り方の手順】



  • ペンシルバルーンを先端約10センチ残るように膨らませ口を縛る。
  • キリンのバルーンアートの作り方

  • バルーンの口から約5センチのバブルを1個、約3センチのバブルを2個作る。
  • キリンのバルーンアートの作り方

  • 手順2で作ったバブルをロックツイスト(たらこひねり)する。
  • キリンのバルーンアートの作り方

  • 次に、約20センチのバブルを1個、、約5センチのバブルを2個作る。
  • キリンのバルーンアートの作り方



  • 手順4で作ったバブルを約5センチのバブルをロックツイストする。
  • キリンのバルーンアートの作り方

  • 約10センチのバブルを1個、約5センチのバブルを2個作る。
  • キリンのバルーンアートの作り方

  • 手順6で作った約5センチのバブルをロックツイストする。
  • キリンのバルーンアートの作り方

  • 最後に残った部分が尻尾になり、キリンのバルーンアートの完成。
  • キリンのバルーンアートの作り方



キリンの作り方のポイント

※犬のバルーンアートよりも首の部分が長くなるようにする。
※耳を短めに作るとキリンっぽく見える。

まとめ

キリンの作り方も比較的単純なので簡単に作ることができたと思います。キリンの作り方のポイントは耳は短く、首は長くです。基本的に動物のバルーンアートは動物ごとに特徴のある部分をデフォルメしてバルーンの形や長さを変えていきます。このデフォルメをどうやって作るかを考えれるようになったら、自己流の動物のバルーンアートを作ることが可能です。