はじめに

バルーンアートで使うれているペンシルバルーン(ツイストバルーン)は天然ゴムによりできています。ペンシルバルーン以外にも、通常の丸い風船でもあるラウンドバルーンも天然ゴムが使用されています。風船の中にはフィルムを使ったものがあり、長持ちもするのですが、やはり風船は天然ゴム製が多いでしょう。

皆さんの風船のイメージも天然ゴムのものが多いように思えます。しかし、ゴム風船はどのような原料で作られ、どのように精製されているのでしょうか?そこで、今回はゴム風船の原料と精製方法について詳しくまとめてみましたのでどうぞ御覧ください。

Sponsored Links

ゴム風船の原料はゴムの木の樹液

まず、ゴム風船の原料について紹介していと思います。ゴム風船の原料はゴムの木から取られています。ゴムの木には樹液がでてくるため、この樹液を精製することによりゴムの原料を抽出しているというわけです。ゴムの木は樹皮を薄く削るだけで樹液がでてくるので実際に見てみるととても面白いものですよ。また、このコムの木ですが、とても大きく育つ木で、30m以上まで成長するうことが多いそうです。さらに、コムの樹自体は家具や建築材料のもなるため人間にとってとても重要な木になってます。

Sponsored Links

樹液の精製方法

ゴム風船の原料がゴムの木の樹液とうことがわかりました。しかし、これだけでは勿論ゴム風船の材料として使うことは難しいことでしょう。コムの木の樹液を採取した後は精製の工程が入ります。樹液の約7割は水分のためこれを飛ばすことが必要です。水分の飛ばし方は遠心分離器かけるみたいです。遠心分離器は大きな遠心力をかけることで、樹液の中の水分を飛ばしていくことができます。その後、様々な工程をへてゴム風船の原料がゴム風船材料として作らえていくのです。

まとめ

今回はゴム風船の原料について紹介していきました。ゴム風船はゴムの木の樹液からできていて、樹液を遠心分離器により水分を飛ばすことで材料ができました。このように、バルーンアートで使われているペンシルバルーンも様々な工程を経てつくられていることがわかりました。

Sponsored Links
記事は以上です。お疲れ様でした。
水の音を聴いてリラックスしましょう。