はじめに

バルーンアートは細長いペンシルバルーンという種類の風船を使って動物や様々な形を作っていくアート作品です。大道芸人やピエロがよく作っている印象がありますが、様々なパフォーマーたちがバルーンアートをしていたり、素人の方々でも装飾として作ることもあります。バルーンアートはお祭りやイベント等で目にする機会が多いですが、最近では記念日のギフトとしてや、結婚式やパーティー会場の装飾としても用いられることが多くなっています。

これだけ様々な場面で使われているバルーンアートですが、そもそもバルーンアートはいつ頃どのように誕生したのでしょうか。そこで、今回はバルーンアートの歴史について、詳しくまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

バルーンアートの歴史

バルーンアートの始まりは定かではありませんが、アメリカで誕生したという説が有力のようです。アメリカではホームパーティーが良く行われていて、パーティーで使う部屋にはしばしば装飾が施されます。その装飾をする際に手軽で安価なバルーンが使われました。そのうちに、ただ飾るだけでなく、ひねったりねじったりしてアレンジを加えたものがバルーンアートとして始まったと言われています。

最初は主婦たちの間で広まっていたようですが、次第に現在のようにピエロや大道芸人がパフォーマンスとして行なうように発展していったようですね。お祝いごとに用いられてきたアート作品だけに、バルーンアートは大切に受け継がれてきたと伺えます。

Sponsored Links

まとめ

今回はバルーンアートの基礎知識としてバルーンアートの歴史について詳しく紹介していきましたがいかがだったでしょうか。バルーンアートの起源は定かではありませんが、一説ではホームパーティーで行われていたバルーン装飾の
アレンジデコレーションから始まったとされています。そんなおめでたい場面で生まれたアート作品を人々は大切に受け継いで現在のバルーンアートとなりました。

Sponsored Links
記事は以上です。お疲れ様でした。
水の音を聴いてリラックスしましょう。