はじめに

バルーンアートは風船を使って様々な形を作れるので大変面白いアートです。
色々な作品を見るのも面白いですが、作品を作る過程をみるのも面白いですよね。
ただし、バルーンアートにはデメリットもあります。

それは、長く持たないということです。バルーンアート作品は風船でできていますから、時間が立つとしぼんでしまいます。
なので、長く楽しむアートとしては合っていないかもしれません。

写真をとることによりいつまでも見ることができますが、実際に残すことは大変困難です。
しかし、ひと工夫することにより、バルーンアートを長持ちさせることができます。
そこで、今回はバルーンアートを長持ちさせる方法について紹介します。

Sponsored Links

バルーンアートはどれくらい持つ?

バルーンアートを長持ちさせる方法を紹介する前に、バルーンアートはどれくらい持つのかについて話します。
結論から言うと、2日目からバルーンアートはしぼんでいきます。
ただし、目に見えて小さくなったと感じるのは3日目くらいでしょうか。

もちろん、環境により2日目ですぐにしぼんできていると感じるくらいになることもあります。
だいたいの場合は3日目から残念なくらいにしぼんでいくので、バルーンアートは持って2日間といったところでしょうか。
ただし、以下に紹介する方法によりバルーンアートを長持ちさせることができます。

Sponsored Links

バルーンアートを長持ちさせる方法

バルーンアートはそのままの状態ではすぐにしぼんでしまうことがわかりました。
そのことから、バルーンアートを長く楽しむには長持ちさせる工夫が必要だと分かります。
以下に、バルーンアートを長持ちさせる方法をまとめて紹介します。

ヘアスプレーを吹きかける

バルーンアートを長持ちさせる方法としてメジャーなのがヘアスプレーをかけることです。
やり方は簡単で完成したバルーンアート作品に満遍なくスプレーしておくだけです。
そうすると、1週間は持つような印象です。

ヘアスプレーをしないと2~3日目で目に見えてしぼんでいくので、結構な違いですよね。
特にハードスプレーをすることにより、2週間くらいは見るに耐える位保つ場合もあるようです。
ヘアスプレーをするだけでこれだけ持つなんて便利ですよね。
ただし、スプレーが吹きかけられない複雑な構造の作品も場合は効果が薄くなります。

ウルトラハイフロートでコーティングする

ヘアスプレーを吹きかける方法での弱点であった複雑な構造の作品でも長持ちさせる方法があります。
それは、ウルトラハイフロートでバルーンをコーティングするという方法です。
ウルトラハイフロートというのは糊のような液体で、バルーンをコーティングすることで長持ちさせることができます。

やり方は風船内部に満遍なく塗るだけです。
これはバルーンをしぼませた状態で液体を流し込む形になります。
以下に、ウルトラハイフロートを使っている動画がありますので参考にしてください。

こちらの動画はラウンドバルーンの場合のウルトラハイフロートの塗り方です。
バルーンアートの場合は一度膨らませてからクセがついてしまうので、気になる方は膨らませる前に塗るのも良いでしょう。
ウルトラハイフロートをぬると1週間は余裕でもちます。
やり方によれば2週間近く保つ場合もあるようです。

まとめ

今回はバルーンアートを長持ちさせる方法について紹介しました。
バルーンアートを長持ちさせるためにはヘアスプレーを吹きかけるかハイフロートを塗ることが効果的でした。
このような工夫を施すことにより、2~3日しか持たなかったバルーンアート作品も1~2週間長持ちさせることができます。
ヘアスプレーとハイフロートを併用すると長持ちしやすいようなので、是非試してみてください。

Sponsored Links
記事は以上です。お疲れ様でした。
水の音を聴いてリラックスしましょう。