ねずみのバルーンアート

はじめに

今回はねずみのバルーンアートの作り方を紹介しますねずみは実際に家にいると嫌ですけれども、バルーンアートで作ると可愛らしく作れます。ねずみは良くキャラクターとしても用いられているため、人気のあるバルーンアート作品ではないでしょうか。

その人気の動物のバルーンアートを簡単に作れちゃいます。なぜなら、ねずみのバルーンアートは犬とほとんど同じような作り方の手順で作ることができるからです。犬のバルーンアートはほとんでおの動物のバルーンアートの基本となる形ですから初心者でも簡単につくることができます。それでは、早速ねずみのバルーンアートの作り方を紹介していきますのでご覧になってください。

ねずみのバルーンアートの作り方

【ねずみの作り方の手順】



  • ペンシルバルーンを先端20センチほど残して膨らませる。
  • ねずみのバルーンアートの作り方

  • ペンシルバルーンを縛った口から3センチほどのバブルを連続で3個つくる。
  • ねずみのバルーンアートの作り方

  • 手順②のバブルの最初と最後のくぼみを合わせてロックツイストする。
  • ねずみのバルーンアートの作り方

  • 次に、バブルを約2センチを1個、約3センチを2個の順に作る。
  • ねずみのバルーンアートの作り方



  • 手順④で作った約3センチのバブルを合わせてロックツイストする。
  • ねずみのバルーンアートの作り方

    ねずみのバルーンアートの作り方

  • 次に、バブルを約4センチを1個、約3センチを2個の順に作る。
  • ねずみのバルーンアートの作り方

  • 手順⑥で作った約3センチのバブルを合わせてロックツイストする。
  • ねずみのバルーンアートの作り方

  • 形を調整したらねずみのバルーンアートの完成。
  • ねずみのバルーンアートの作り方

    ねずみのバルーンアートの作り方



作り方のポイント

・かおに比べて耳が小さくなるように調整する。
・尻尾が細長くなるようにバルーンを残しておく。

まとめ

今回はねずみのバルーンアートの作り方を紹介しました。ねずみは風船で作るととても可愛らしく作ることができます。さらに、ねずみのバルーンアートは犬のバルーンアートと同じような作り方のため、動物の作品の中でも比較的簡単に初心者でも作ることが可能です。

バブルの長さを調節するけで、犬のバルーンアートからねずみや他の動物まで作るれるところが、バルーンアートの楽しい所でもありますね。みなさんも、ちょっとしたアレンジで様々なバルーンアート作品がつくれるようにしていきましょう。