ライオンのバルーンアート

はじめに

今回はライオンのバルーンアートの作り方を紹介します。動物のバルーンアートの中でも、ライオンのバルーンアートは少し複雑な構造をしてえいるような印象があります。それは、ライオンの特徴でもある『たてがみ』が頭の周りに作られている体と思います。しかし、実は『たてがみ』もバルーンアートでは比較的簡単に表現することができるのです。複雑に見える動物のバルーンアートなのに、見た目より簡単に作れるなんてお得ですよね。ということで、以下にライオンのバルーンアートの作り方をまとめて紹介していますので、是非ご覧になってください。

ライオンのバルーンアートの作り方

以下に、ライオンのバルーンアートの作り方手順をまとめて紹介していきます。

【ライオンの作り方の手順】



  • ペンシルバルーンの先端が約15センチ残るように膨らませる。
  • ライオンのバルーンアートの作り方

  • 縛ったバルーンの口から約5センチのバブルを2個作る。
  • ライオンのバルーンアートの作り方

  • バルーンの口で手順2で作った2つのバブルを結ぶ。
  • ライオンのバルーンアートの作り方

  • 次に、球状のバブルを8個連続でつくる。
  • ライオンのバルーンアートの作り方

  • 手順3で作ったバブルの最初と最後を一緒にひねり、輪を作る。
  • ライオンのバルーンアートの作り方

  • 手順4でできた輪に手順2の2つのバブルを入れ込む。
  • ライオンのバルーンアートの作り方



  • 次に、約3センチのバブルを3つ作る。
  • ライオンのバルーンアートの作り方

  • 手順7の2つのバブルをロックツイストする。
  • ライオンのバルーンアートの作り方

  • 約3センチのバブルを3個つくる。
  • ライオンのバルーンアートの作り方

  • 手順9の2個目と3個目をロックツイストする。
  • ライオンのバルーンアートの作り方

  • 余った部分を握りながらバルーンの先端に空気を移動させる。
  • ライオンのバルーンアートの作り方

  • 全体の形を整えたらライオンのバルーンアートの完成。
  • ライオンのバルーンアートの作り方



作り方のポイント

・手順4で球状のバブルを連続で作る際にはほどけない様に注意する。
・ライオンの顔の部分が手順5の輪に調度良く圧入できるように調節する。

まとめ

今回はライオンのバルーンアートの作り方を紹介しました。ライオンのバルーンアートも動物のバルーンアートの基本として作られる犬のバルーンアートを基本の形としています。しかし、ライオンの特徴であるたてがみがあるため、ライオンのバルーンアートは少し複雑に見えます。ただ、作り方自体は初心者でも難しくはないので、是非綺麗に作れるように練習を重ねてください。