鉄砲のバルーンアート

はじめに

今回は鉄砲(ピストル)のバルーンアートの作り方を紹介します。剣と同様に武器アイテムの作品は人気があります。特にお子さんがいる家庭は風船でできた鉄砲を使って戦闘ごっこができるのでおすすめですよ。

しかも、この鉄砲のバルーンアートはなんと1本の風船でできちゃいます。複雑そうな形をしていますが、これは意外ですね。簡単に作れるのでお子さんと一緒に作ると楽しめます。それでは早速鉄砲(ピストル)のバルーンアートの作り方解説に移っていきましょう。動画と画像で作り方手順を紹介していますので、手順に沿って作れば簡単につくれますよ。

鉄砲(ピストル)のバルーンアートの作り方

以下に、鉄砲のバルーンアートの作り方手順をまとめて紹介していきます。

【鉄砲の作り方の手順】



  • ペンシルバルーンを先端7センチ程残して膨らませる。
  • 鉄砲のバルーンアートの作り方

  • バルーン口元から指を突っ込んで突っ込まれた口元をつかむ。
  • 鉄砲のバルーンアートの作り方

  • 戻らないように指を抜き、口元の位置でねじって固定する。
  • 鉄砲のバルーンアートの作り方

    鉄砲のバルーンアートの作り方

  • 15センチ程のバブルを作る。
  • 鉄砲のバルーンアートの作り方

  • 球状のバブルを作り、しぼりひねりをする。
  • 鉄砲のバルーンアートの作り方

    鉄砲のバルーンアートの作り方



  • 再び球状のバブルを作り、しぼりひねりをする。
  • 鉄砲のバルーンアートの作り方

    鉄砲のバルーンアートの作り方

  • 7センチ程のバブルを2つ作り、根元でロックツイストする。
  • 鉄砲のバルーンアートの作り方

    鉄砲のバルーンアートの作り方

  • 次に、12センチ程のバブルを2つ作り、根元でロックツイストする。
  • 鉄砲のバルーンアートの作り方

    鉄砲のバルーンアートの作り方

  • 全体を調整したら鉄砲(ピストル)のバルーンアートの完成。
  • 鉄砲のバルーンアートの作り方



作り方のポイント

・指で突っ込んだ部分が戻らないように、しっかりとねじる。
・所定の位置に向くようにねじった後のバブルの位置を調整する。

まとめ

今回は子どもに大人気の鉄砲のバルーンアートの作り方を紹介しました。銃のバルーンアートは複雑な形に見えますが、1本のバルーンで作ることができました。もちろん、複数の風船を使えばライフルやランチャーなど、複雑なバルーンアートを作ることも可能です。興味がある方は調べたり、試行錯誤していろんな鉄砲のバルーンアートを作ってみるのも面白いですね。