はじめに

今回はバルーンアートの基本のテクニックとして、基本のねじり方の解説をします。バルーンアートは基本的にねじることで様々な形を作っていく作品になります。つまり、ねじるテクニックが非常に重要です。何もしらなくても割と簡単にねじることができますが、連続してねじったり、形の異なるバルブを作る時は難しくなります。

そこで、ここではバルーンアートのねじり方のテクニックとして綺麗にねじる方法を紹介していきます。以下に、ねじるコツと手順を紹介しますので、どうぞ最後までご覧になってください。



バルーンアートの基本のねじり方

【ねじり方の手順】

① ペンシルバルーンを膨らませて口を結ぶ。 

② バルーンの先端を片手で持ち支える。

③ 主に親指と人差し指でひねる位置でつまむ。

④ バルーンを指で少し押しながら回転させてねじる。

⑤ 何回かねじる際には支えている手の方で戻らないように持つ。

⑥ バブルを何個か作る際には全て同じ方向で捻る。

⑦ バブルを複数作る時は片手で作成したバブルを持つ。



ねじり方のポイント

・作りたいバブルの大きさに応じてひねる位置を決める。
・バブルが戻らないように片手で支えておく。
・バブルは同じ方向にねじって作る。

まとめ

今回は基本のバルーンアートのテクニックとして、ねじり方のコツや手順を紹介していきました。ねじり方を最初にマスターしておくことで、特に初心者はバルーンアートが作りやすくできるので、是非最初に練習しておくことをおすすめします。