はじめに

バルーン(風船)はゴムやビニールの中に空気を入れて様々な形に膨らんで見た目等を楽しむものです。バルーンはゴム製の楕円形の形をしたものが一般的ですが、その他にも珍しいバルーンの種類がたくさんあります。しかも、種類によって特徴が様々あり、用途によってそのバルーンの種類が変わることが良くあります。

それでは、バルーンに(風船)にはどんな種類があるのでしょうか。そこで、ここでは様々なバルーンの種類について、まとめて紹介していきますのでどうぞご覧ください。

Sponsored Links

バルーンの種類と特徴

ここでは、バルーンの種類を一覧で紹介し、それぞれの特徴を少し解説していきます。バルーンの種類は私達が良く目にするものから、余り見かけないものまであるので面白いですよ。

ラテックス(ゴム)バルーン

ゴムでできているバルーン(風船)です。ゴム製のバルーンはとても一般的で、よく使われているバルーンの種類の一つです。主にヘリムを入れて浮遊させることができますが、通常の状態だと1日でしぼんできてしまいます。長持ちさせたい場合はヘリウムではなく空気を入れるか、ハイフロートでコーティングすると良いでしょう。ヘアスプレーを吹きかけても効果があるようです。

マイラーバルーン

ポリエステルやナイロンなどにアルミニウムを蒸着させたフィルム状のものに空気を入れて膨らませたバルーンです。通常、ゴムのように縛って空気漏れを防ぐことが難しいため、逆止弁がついていることが多いです。マイラーバルーンの特徴としては、ラテックスバルーンよりもヘリウムガスが抜けにくく、長持ちしやすいことがあります。

ラテックスバルーンの場合は1日しかもたないこともしばしばですが、マイラーバルーンの場合は数ヶ月持つものもあるようです。そのため、光沢もあることから観賞用として、長く使われることが多いバルーンの種類です。

インサイダーバルーン

お誕生日・発表会・秋のお祝いにハローキティのふわふわバルーン?  「ヘリウムバルーン ハローキティ with インサイダーバルーン」 季節のイベントやお見舞いなどにも♪ 大切な方へお好きなメッセージを添えてお届けします。 お届け日時指定も可能です。

気体が抜けにくい透明のフィルムを使ったバルーンです。ゴム製のバルーンよりも長持ちすることが多いです。また、透明の素材を活かして中に風船を入れることで、風船の中に風船が入った面白いデコレーションができます。よく結婚式会場やパーティー会場で使われている需要の多いバルーンの種類でもあります。

Sponsored Links

まとめ

今回はバルーンの基礎知識としてバルーンの種類を紹介しました。バルーンの種類は様々あり、それぞれ特徴があるため、使用用途によって使い分けられています。今回紹介したバルーン以外にも様々な風船がありますので、是非調べて見て下さいね。

Sponsored Links
記事は以上です。お疲れ様でした。
水の音を聴いてリラックスしましょう。