はじめに

皆さんはバルーンアートを作っている際に風船が割れてしまうといことはありませんでしょうか?作っている途中で割れてしまうと、折角作ったのにもったいないですよね。なんとか割れずにバルーンアートを完成させたいものです。ただ、風船を割れにくくするテクニックも存在します。

そこで、今回はバルーンアートの基本テクニックとして、風船が割れる時の対策方法を紹介したいと思います。バルーンアートを作ったり風船を膨らませる際にはちょっとしたコツによりだいぶ割れにくくすることができます。よく風船を割ってしまうという方は是非以下に示す対策を実践してみてください。

Sponsored Links

風船が割れる原因

まずは、風船が割れる原因を解説シたいと思います。
風船が割れる原因はいくつかありますので、その原因を引き起こすことをしないことで割れを防ぐことができます。

①鋭いものが刺さる
②空気の入れすぎ
③日光
④ゴムの劣化
⑤化学反応

Sponsored Links

風船が割れる時の対策方法

風船が割れる時には以下の対策方法を行うことで割れにくくできます。
以下に、風船が割れる原因ごとに対策を紹介していますので、どの原因で割れてしまうのかを分析してから御覧ください。

①鋭いものが刺さる

風船は中に入れた気体により常に伸ばされている状態です。この状態で鋭いものが刺さると当然のことながら割れてしまいます。ですので、対策としては鋭いものが当たらないような環境で風船を膨らませる作業をおこなうことが重要です。また、爪が伸びている時は短く切っておくなどの対策も大切です。

②空気の入れすぎ

風船は空気が入るとゴムが伸ばされた状態になります。空気を入れすぎるとそれだけ伸ばされて薄くなりますので、割れやすい状況になってしまいます。そこで、空気の入れすぎにより風船が割れる時には、空気を入れ過ぎないという対策が必要になります。

特にバルーンアートではひねる作業がありますので、膨らませない部分がないと後の作業でパンパンになってしまうので、ひねる回数を考慮して空気を入れる量を調整する必要があります。

③日光

ゴム風船は特に光に弱いため、日光が当たる時は割れやすいです。ですので、直射日光に風船を当てないことが対策になります。

④ゴムの劣化

天然ゴムでできた風船は時間が経つと劣化してしまいます。劣化すると当然風船が割れることが多くなります。ですので、天然ゴム製の風船はすぐに使うと良いです。また、暗く涼しい場所で保管すると劣化しにくいので、風船の割れ対策として有効です。

⑤化学反応

ゴム風船は油性ペンなどに入っている溶剤により溶かされることがあります。これが原因で風船が割れることがあるので、溶剤の入ったものを風船に触れさせないことが重要です。もし、バルーンアート等でマジックで描きたい場合は、水性マジック等で描くと割れにくくなります。

まとめ

今回は風船が割れる時の対策方法について、割れる原因とともに紹介してきました。風船が割れる時には必ず原因がありますので、自分がどの原因で割ってしまっているのかを調べ、その原因に合った対策を施すことが大切です。

Sponsored Links
記事は以上です。お疲れ様でした。
水の音を聴いてリラックスしましょう。