剣のバルーンアート

はじめに

剣のバルーンアートは初心者の方が、まずはじめに挑戦することが多い作品です。なぜなら、膨らませた1本のペンシルバルーンに1回のみのひねりを咥加えるだけで完成してしまうからです。また、剣のバルーンアートはお子さんに人気の作品です。作った剣でチャンバラごっこができますからね。バルーンなら柔らかくてケガをしないので安心です。

でも、あまりにも強く叩きつけると、さすがに割れてしまうので気をつけて下さい。お子さんが安全に使えるように、注意が必要です。それでは、剣のバルーンアートの作り方に挑戦してみましょう。以下に、作り方のポイントも紹介しているので是非ご覧ください。

剣のバルーンアートの作り方

それでは早速剣のバルーンアートの作り方を紹介していきます。剣のバルーンアートは1回のロックツイストで完成させることができます。ですので、バルーンアート初心者が初めてでも成功させることができる作品です。バルーンアートの作り方(膨らませ方や縛り方、ひねり方)の練習になるので、是非初心者の方は剣のバルーンアートから挑戦してみてください。

【剣の作り方手順】

  • ツイストバルーンを先端を少し残して膨らませて縛る。
  • 剣のバルーンアートの作り方

  • バルーンの口元から約20センチのところで折る。
  • 剣のバルーンアートの作り方

  • 追ったところから再び約20センチのところで折る。
  • 剣のバルーンアートの作り方



  • 2回折ったところの中央をロックツイスト(たらこひねり)する。
  • 剣のバルーンアートの作り方

    剣のバルーンアートの作り方

  • 十字になるように形を整えたら、剣のバルーンアートの完成。
  • 剣のバルーンアートの作り方


剣の作り方のバブル等の長さは目安です。膨らませ方やバルーンの伸び方によって多少前後するので、全体的なバランスを見て調整してください。



作り方のポイント
※2回折ったところの中央をロックツイストするように注意する。
※曲がりグセが付かないようにバルーンを膨らませてから全体を揉みほぐす。

まとめ

以上、剣のバルーンアートの作り方を解説しましtが、いかがでしたか?1本のバルーンアートでできる作品で、ひねりも1回だけなので、初心者の方でも1回で成功させることができた方が多いのではないでしょうか。

このバルーンアート作品はバルーンの膨らませ方や口の縛り方、ロックツイストなどバルーンアートの作り方の基本を練習することができます。剣のバルーンアートがキレイに素早く作れるようにますた-できたら、様々な他の作品も是非挑戦して作って見てください。